古国府 薫

映像作家 / ディレクション / アニメーション 



話や音楽などを視覚化する事、映像化する事、物質に命を吹き込む事に情熱がある。

ヨーロッパとアジアでアートとアニメーションを学び、スウェーデン国立美術工芸大学Konstfackのストーリーテリング科で修士を取得後、スウェーデン王立美術院にて素材とストップモーションの可能性について研究。

アニメーションを表現手法に取り入れ始めた2008年より行なっている滞在型のアニメーション制作では、様々な土地に赴き、土地にまつわる神話や伝承をもとに現地で集めた物質をアニメーションの素材として使用し、短編映画、インスタレーション展示、ミュージックビデオやビデオアート等のオーディオビジュアル体験を作る。

制作作品の国際映画祭での上映や展示などに加えて、近年はアニメーションを使った企業とのコラボレーション、コマーシャル、ゲームのビジュアル、ワークショップ、また長編映画制作のメインアニメーターを務めるなど、幅広く活動を展開している。今後も情熱の傾く方へとすすむ。